HOME

>

店舗案内

日本料理彩々楽TOPページ

埼玉県蓮田市本町7番1号

048-768-0123 048-768-0234 (FAX)

平成18年1月17日(創業明治18年)

有限会社 彩々楽

栗原 正生(代表取締役)

昼 11:30〜 (14:00L.O)
夜 17:00〜23:00 (22:00L.O)

毎週月曜日定休
(月曜祝日は営業 翌日代休)

喫煙所

■彩々楽グループ専用駐車場案内図

彩々楽グループ専用駐車場

■お車でお越しのお客様へ
彩々楽の店舗近くに2箇所と蓮田駅の西口ロータリー脇に彩々楽グループ専用駐車場が2箇所ございます。駐車場への道順は地図をご参考にしてください。

■電車でお越しのお客様へ
JR宇都宮線蓮田駅(西口)より徒歩1分です。

※グーグルストリートビューがご覧になれます。

■1885年(明治18年)7月 日の出家 (現彩々楽) 初代当主 勘次郎 初代女将 トメ

写真上:開業当時の蓮田駅

写真左:初代女将 トメ 抱かれているのは2代目金太郎

鉄道の開通、蓮田駅の開業と同時に馬方衆を相手に15席程の小さな飯屋「食事処 日の出家」を創業

当時、蓮田駅発着の車両は1日で上り2本、下り2本の計4本(2往復)だけでした。

■1921年(大正10年)頃 日の出家(現彩々楽) 二代目当主 金太郎 二代目女将 ゐね

金太郎の農業の傍らの営業のため、店は女将「ゐね」が主に取り仕切っておりました。
当時、朝の仕事は井戸の水汲みから始まり、薪を使って土間のかまどで玄米飯を
炊いておりました。米は無論、野菜も全て自家栽培の自給自足。卵を採るための鶏の他に
豚や山羊まで飼っておりました。

■昭和初期 蓮田駅近辺商店街付近の様子 (現122号旧道)

写真左手に見えるのが小林金物屋さんです。
当時、車はほとんど無く、まれに自動車が来ると子供たちが
排気ガスのにおいを追って走りまわった時代でした。

■1960年(昭和35年)
「有限会社日の出家」として法人化 出前営業開始

■1962年(昭和37年)
三代目当主 健也 三代目女将 佳子

写真左:当時を偲ばせるマッチ箱デザイン
写真右:クーラーが無かった当時、夏場に活躍した扇風機

当時、かけそば一杯 30円 かつ丼1丁 70円の時代でした

■1967年(昭和42年)
日の出家店舗全面改装 21席に増席

■1975年(昭和50年)
日の出家店舗改装 厨房・客席とも拡張30席に増席

当時ブームになり始めたラーメン(当時は中華そば)や中華類を始める。
写真:昭和43年 蓮田駅西口駅前の風景

写真:当時の蓮田駅前付近(末広方面より本町駅前方向を望む)
右手前はヤマナカさん、左奥は埼玉銀行(現埼玉りそな)さん

■1983年(昭和58年)日の出家店舗全面改装

自動ドア導入・自宅の一部を小上がりの座敷に改装
総席数42席「日本そば・うどん・中華 日の出家」に。

写真:当時の日の出家で人気の具沢山餃子とクッパー雑炊

■2004年(平成16年)
日の出家 営業中の一コマ

■2005年(平成17年)
再開発事業に伴う立ち退きの為に休業、翌年取壊し

■2005年(平成17年)
本町7番1号に移転 新店舗着工

■2006年(平成18年)
11月新・日の出家店舗竣工

屋号改め「日本料理 彩々楽」とする。

■2006年(平成18年) 四代目当主 正生
社名変更

■2010年(平成22年)
2号店「そばダイニング空楽(そら)」開業

四代目正生が日本料理彩々楽として開業 有限会社日の出家から有限会社彩々楽に社名変更
〜彩々楽前 集合写真〜
三代目健也(オーナー) 四代目正生(店主) 松村賢弘(料理長) 栗原佳子(女将) 栗原久美子(マネージャー)

蓮田駅西口 武蔵野銀行2Fに「そばダイニング空楽(そら)」を開業

■2012年(平成24年)
3号店「和風楽麺 四代目ひのでや」開業

■2015年(平成27年)
4号店「炉端炭焼 灯楽や」開業

蓮田駅西口に彩々楽の原点である「日の出屋」の屋号を持たせた「四代目ひのでや」を開業

彩々楽グループ初の蓮田駅東口へ店舗進出。本店彩々楽の魂を継承しつつ、カジュアルな雰囲気の店舗となっております。

l

Top

l

Greeting

l

News

l

Menu

l

Guide in store

l

Floor map of Sasala

l

Blog

l

Inquiry

l

Sitemap

l

運営管理:日本料理 彩々楽 〒349-0123 埼玉県蓮田市本町七番一号

Copyright(c) 2009 SASALA All Rights Reserved